978-613-8-24100-3

イルカにおける組織特異的損傷マーカーの探索 -マイクロ RNA を指標に

Regular price
€35,90
Sale price
€35,90
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

Summary:

世界屈指のイルカ飼育国である我が国にとって、イルカの健康管理技術の発展は必須課題である。近年、末梢血中に含まれる22塩基程度の短いRNAであるマイクロRNA(miRNA)は、組織障害に応じて血中濃度が変動することから、臓器特異的損傷マーカーとして活用されようとしている。イルカにおいてもmiRNAが臓器特異的損傷マーカーとして活用できる可能性が考えられる。これまで膨大な数のmiRNAが人、マウス、ブタ、ウシといった様々な動物で同定されており、同定されたmiRNAのほとんどはmiRNAデータベースであるmiRBaseに登録されているが、イルカのmiRNA情報は報告されていない。そこで、本研究はイルカの肺、肝臓および脾臓からsmall RNAライブラリーを作製し、組織特異的miRNAバイオマーカー候補を同定するためにイルカの15組織でmiRNAの発現パターンを調べた。そして、特定の組織で高発現を示したmiRNAの健常イルカ血漿における発現量を調べた。

Author:

Takao Segawa

Biographie:

瀬川太雄(31歳 ) - 私は日本学術振興会特別研究員(PD)としてイルカの細菌学ならびに免疫学の研究をしています。これに加えて、私はイルカにおける新規の臨床検査法の開発も行っています。現在、私は三重大学大学院生物資源学研究科附属鯨類研究センターで研究しており、イルカの妊娠診断のためにmiRNAが使えるかどうかを検討しています。

Number of Pages:

52

Book language:

Japanese

Published On:

2018-09-13

ISBN:

978-613-8-24100-3

Publishing House:

GlobeEdit

Keywords:

miRNA, dolphin, Medicine

Product category:

MEDICAL / Veterinary Medicine / General